MENU

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションの違い

メイクといえばリップやアイカラーなど、色を出すアイテムに目が行きがちですが、最も印象を左右するのは実はベースメイクです。
ベースメイクに欠かせないアイテムがファンデーションです。ファンデーションが自分に合っているかどうかで、メイクの印象は大きく変わります。

 

自分の肌色にあったものを選ぶのが大事ですが、ファンデーションのタイプによっても仕上がりが異なります。大きく分けるとパウダーファンデーションとリキッドファンデーションがありますが、違いをご存知ですか。
まずはパウダーファンデーションのメリットですが、なんと言っても使用感の軽さが特徴です。

 

また、ファンデーションのあとに粉をはたく必要がないので、手軽です。薄づきでさらっとした仕上りが特徴なので、化粧直しも簡単です。肌への負担も少なく、メイクビギナーや肌タイプがオイリーな人におすすめのファンデーションです。

 

一方のリキッドファンデーションは、ツヤや透明感のある仕上がりが期待できます。
肌にしっかりと乗るので、多少の肌荒れがあってもムラなくカバーしてくれます。パウダーに比べて保湿力もあるので、乾燥肌気味の方や、メイクできちんと感を出したい方におすすめです。

 

2016/09/08 17:37:08 |
パウダーファンデーションは手軽で使い勝手が良いとても便利なメイクアイテムです。リキッドファンデーションやクリームファンデーションやオイルファンデーションなどに比べて肌が乾燥しやすいというイメージを抱いているという人も多いかもしれませんが、正しい使い方やメイクの順序を意識することでツヤ感のある肌質に見せることが可能です。パウダーファンデーションの正しい使い方としては、スポンジやパフやブラシに適量をとって肌になじませます。
2016/09/08 17:35:08 |
肌の透明感を出してくれるファンデーションの選び方のポイントとして重要なのは、自分の肌質や肌の色にぴったり合ったものを見つけるということです。そのことにより素肌のようにナチュラルで血色の良い透明感のある美しい肌に見せることができます。